自己制御できる子どもに育てよう!

母親の三面鏡を見て、考えごとをしていた幼い自分を思い出します。

ルイスのミラー課題とは?

チンパンジーが麻酔で寝ている間、耳などに赤いペンキを塗り、目覚めた時にミラーを見せた場合の反応をみます。

自分だとわかれば自分の耳などをさわるはずですが、自分だとわからなければ鏡の方に手を伸ばすはずです。

鏡を見せると、耳を触る等、自分自身に対して行動が向けられたことから,チンパンジーは鏡に映った像を自分であると理解でき低学年ると結論づけられました。

ルイスの自己認知するということ

私たちは目的を達成するために正しい決定を行っているかどうか判断するため、客観的に自分を見るというルイスの考えは自己制御に役立ちます。

誕生から1歳半時の感情

誕生時に満足、苦痛、興味をもって生まれます。

苦痛という感情は、主に生理的不快(空腹、眠気)と結びついており、赤ちゃんは泣く事によってその感情を表現します。

生後3か月頃には、「満足」という感情から「喜び」という感情が生まれ、「苦痛」という感情から「悲しみ」と「嫌悪」という感情が分化します。

生後6か月、「嫌悪」から「怒り」と「恐怖」という感情が分化し、「興味」から「驚き」という感情が生まれます。

恐れは親との愛着関係が形成され始めた一つの表れだと言えます。

概ね9か月頃までに喜怒哀楽という基本的な感情が形成されます。

喜怒哀楽は、一次的感情といい、充足喜び、悲しみ、嫌悪、驚き、怒り、恐れ等の感情です。

1歳半頃までの感情

自分が鏡に映った像を自分だと認識することができ、2次感情が表れます。

二次的感情は、一次的感情から分化した感情です。

1歳半から2歳ごろから始まるのが正しいのですが、覚えづらいので、1歳半としました。

3歳頃までの感情

親や周囲の人の存在を認識することで「自尊心」「罪悪感」「恥」といった感情が生まれます。

歩いて行動できる様になることで親元を離れ、自分の世界を創りあげていくことで、客観的自己意識(私は私が知っていることを知っている・I know I know)を獲得し、自分の精神の状態の理解が始まります。

過去問

保育士試験 令和4年(2022年)後期 保育の心理学 問9

次のうち、自己の発達に関する記述として、適切なものを○、不適切なものを×とした場合の 正しい組み合わせを一つ選びなさい。

○ B 鏡映像の自己認知ができる子どもは1歳半頃から急激に増え、2歳頃ではかなりの子どもが可能になる。

× C ルイス(Lewis, M.)によれば、1歳半頃になると誇りや恥などの感情がみられるようになり、 それらの感情が生じるには、客体的自己意識が獲得されている必要がある。

  • 3歳頃

保育士試験 令和元年(2019年)後期 保育の心理学 問93

次の文は、自己に関する記述である。【Ⅰ群】の記述と【Ⅱ群】の用語を結びつけた場合の最も適切な組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】
A  幼児に気付かれないように鼻の頭に口紅をつけておく。その後その子どもに鏡を見せた時、子どもが鏡の像ではなく、自分の鼻を触るかどうかを基準として判断する。

  • 「自己認知」についての実験の記述です。

【Ⅱ群】
ア 自己実現       イ 自己認知       ウ 身体的自己
エ 自己開示       オ モラトリアム     カ アイデンティティ
キ 現実自己・理想自己  ク 私的自己・公的自己

保育士試験 平成30年(2018年)後期 保育の心理学 問8

次の文は、乳幼児期の自己の発達に関する記述である。初期から発達の順に並べた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

D  鏡に映った自分の姿を「自分である」と理解できるようになる。

  • 1歳半から2歳ごろになると鏡の中の自分を理解することができるようになります。

保育士試験 平成28年(2016年)前期 保育の心理学 問84

次の文は、子どもの感情の発達に関する記述である。( A )~( E )にあてはまる語句を【語群】から選択した場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

感情の発達については、運動・認知・自己の発達と関連しながら分化していくという考え方がある。この考え方の代表的な提唱者( A ルイス(Lewis, M.))によると、誕生時には、( B 充足(contentment))、苦痛、興味の原初的感情をもって生まれ、生後3か月頃までに、( C 喜び(joy))、悲しみ、嫌悪の感情がみられるようになり、6か月頃までに、驚き、怒り、( D 恐れ(fear))の感情が分化していく。これらは( E 一次的感情)と呼ばれ、見知らぬ人への反応などに反映されていく。他方、感情の発達については、基本的な感情は誕生時に備わっており、主として感情を抑制する側面が発達するという考え方がある。

【語群】
ア 一次的感情
イ 充足(contentment)
ウ 二次的感情
エ ルイス(Lewis, M.)
オ 誇り(pride)
カ 感動(affect)

キ 喜び(joy)
ク サメロフ(Sameroff, A, J.)
ケ 恐れ(fear)
コ 恥(shame)

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。