社会福祉調査法ソーシャルワークリサーチって一体何?事例で解決!

ソーシャルワークで出題されていないのは、ソーシャルプランニングだけになりました。

過去問にある部分を習得せずに、出題されたことのない部分を永遠と学習するのはよいことではありません。

ソーシャルワーク体系

社会福祉調査法とは

社会福祉調査法とは、社会福祉に関する実態(福祉ニーズや問題の把握)、社会福祉サービスや政策の評価、個別ケースにおける支援の効果測定などを目的とする調査の総称です。

簡単には、福祉のニーズを情報収集したり、福祉活動がどれだけ役に立ってるかを測定するものです。

社会福祉調査法 事例

大企業の企業内ソーシャルワーカーであるG相談員のもとに、うつ状態となったHさんが来室しました。

G相談員は、主治医と連携してHさんの生活状態の改善を目指した援助を始めることとなりました。

週に1回の面談を行い、その際にはHさんに生活状態のレポートを提出してもらいます。

問題があれば本人や上司にヒアリングを行いました。

そして、援助の効果を判断するために、援助開始前と援助中の出勤状況を確認し、仕事しているときの様子をモニタリングして効果を定期的に測定することにしました。

過去問

保育士試験 令和4年(2022年)後期 社会福祉 問14

次のうち、相談援助の方法・技術とその説明として、適切な記述を○、不適切な記述を×と した場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

○ B 社会福祉調査法は、社会福祉に関する実態(福祉ニーズや問題の把握)、社会福祉サービスや政 策の評価、個別ケースにおける支援の効果測定などを目的とする調査の総称である。

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。