児童自立支援施設の歴史を抑えて頭に刻み込もう!

年次は覚える必要はありませんが、過去に並び替え問題が出たことがありましたので戦争の時期と合わせて前後関係を理解するとよいです。

1883(明16)年

池上雪枝が自宅に感化院を開きます。

感化とは人に影響を与えて、心・行いを変えさせるという意味です。

以降、民間感化が少しずつ増えていきます。

1885(明18)年

高瀬真卿が東京に私立予備感化院を開きました。

1894(明27)年

日清戦争。非行少年、人身売買等増加。

1899(明32)年

東京家庭学校

留岡幸助は、北海道の教誨師としての体験と、自らのアメリカ留学での研究から、犯罪者となる要因がその少年時代にあると考えました。

感化教育事業を行わない限り、成人の犯罪は少なくならないとし、東京家庭学校を創設しました。

犯罪を犯した少年に良い環境と教育を与えることによって感化するため、東京に家庭舎方式の私立感化院「東京家庭学校」を設立しました。

東京家庭学校は、非行児童が入所する施設でありながら、塀で囲ったり門を閉めたりしないで、開放的な形で運営されました。

1900(明33)年

留岡幸助がきっかけとなり、感化法が成立し、感化院が公立となりました。

1914(大3)年

留岡幸助は北海道家庭学校も開校しました。

留岡幸助が北海道家庭学校振り返るイメージ写真 映画 大地の詩
北海道家庭学校イメージ写真 映画 大地の詩

この時から、一つ一つの寮に職員夫婦(現在の児童自立指導員と児童生活支援員)が住み込み、生徒たちは、職員夫婦と共に一つ屋根の下で生活をすることを、理念とするようになりました。

1914(大3)年

第一次世界大戦

1933(昭8)年

少年教護法が公布され、「感化院」から「少年教護院」へ改称しました。

教護とは教育して保護するという意味です。

1939〜1945(昭14〜20)年

第二次世界大戦

1947(昭22)年

児童福祉法公布。

「少年教護院」から「少年」が削除され、「教護院」へ改称しました。

1994(平6)年

児童の権利に関する条約に批准

1997(平9)年

児童福祉法の一部を改正し、「教護院」から「児童自立支援施設」に改称されました。

現在でも全国の大部分の児童自立支援施設は、開放的になっており、家庭学校の影響です。

ちなみに教護院は、少年院(旧矯正院)とは別物です。

また、少年教護法は救護法とは別物です。

児童福祉の歴史はこちら

過去問

保育士試験 令和4年(2022年)前期 社会福祉 問1

次のうち、第二次世界大戦後につくられた日本の社会福祉の法律として、正しいものを一つ選びなさい。

○ 4 児童福祉法
× 5 少年教護法

保育士試験 平成30年(2018年)後期 児童家庭福祉 問55

次のA〜Eは、児童自立支援施設に関する歴史的事項である。これらを年代の古い順に並べた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  留岡幸助による「家庭学校」(東京・巣鴨)の創設
B  「児童福祉法」の公布
C  「感化法」の公布
D  「少年教護法」の公布
E  「児童自立支援施設」に改称

1.A → B → C → E → D

○ 2.A → C → D → B → E

3.B → A → E → C → D 4.C → A → D → B → E 5.C → D → A → E → B( )訂正依頼・報告はこちら
×
正解は 2Aの留岡幸助による「家庭学校」(東京・巣鴨)の創設は1899(明治32)年です。

Bの「児童福祉法」の公布は1947(昭和22)年です。

Cの「感化法」の公布は1900(明治33)年です。

Dの「少年教護法」の公布は1933(昭和8)年です。

Eの「児童自立支援施設」に改称は1997(平成9)年です。

よって古い順に並べるとA→C→D→B→E の順となるので、正解は2となります。

保育士試験 平成29年(2017年)前期 社会的養護 問31

次の文は、社会的養護の歴史に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。


A  イギリスでは、1870年にバーナードホームが設立され、小舎制による養護を実施した。

○ B  日本では、1899年に留岡幸助が家庭学校を設立し、非行少年の教護を実施した。

C  イギリスでは、1948年に制定された「児童法」で、保護が必要な児童への行政の責任を明確化し、できるだけ児童を家庭から分離せず、必要がある場合は里親委託が望ましいとする考え方を示した。

D  日本では、1950年代以降ホスピタリズム論争が起こり、家庭的処遇の必要性が提唱され、それに対して集団養護をめざす考え方も論じられた。 1.( A )○   ( B )○   ( C )○   ( D )○ 2.( A )○   ( B )○   ( C )○   ( D )× 3.( A )○   ( B )○   ( C )×   ( D )○ 4.( A )○   ( B )×   ( C )○   ( D )○ 5.( A )×   ( B )○   ( C )○   ( D )○( )訂正依頼・報告はこちら
×
正解は 1A ○ 記述の通り、1870年にトーマス・ジョン・バーナードによって設立されたバーナードホームは、従来の大人数の施設にかわり、小舎制による養護を実施しました。

B ○ 記述の通り、1899年に留岡幸助が非行少年の為の家庭学校を設立しました。

C ○ 記述の通り、イギリスでは1948年に「児童法」が制定され、保護が必要な児童への行政の責任を明確化し、できるだけ児童を家庭から分離せず、必要がある場合は里親委託が望ましいとする考え方を示しました。

D ○ 記述の通り、日本では1950年代以降にホスピタリズム論争が起こり、家庭的処遇の必要性が提唱されました。また、それに対して集団養護をめざす考え方が論じられました。

保育士試験 平成28年(2016年)後期 社会的養護 問31

次の文は、日本の児童福祉施設の制度的な歩みに関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

× A  1900(明治33)年に「感化法」が制定され、同法で少年教護院が規定された。

B  1929(昭和4)年に「救護法」が制定され、救護施設の一つとして孤児院が法律で規定された。
C  1948(昭和23)年に「児童福祉施設最低基準」が制定され、児童福祉施設の設備、職員の資格と配置基準等が規定された。
D  1997(平成9)年の児童福祉法改正で、教護院の名称が児童自立支援施設に改められた。 1.( A )○  ( B )○  ( C )○  ( D )○ 2.( A )○  ( B )○  ( C )○  ( D )× 3.( A )○  ( B )○  ( C )×  ( D )○ 4.( A )○  ( B )×  ( C )○  ( D )○ 5.( A )×  ( B )○  ( C )○  ( D )○( )訂正依頼・報告はこちら
×
正解は 5A―×
B―〇
C―〇
D―〇

A
感化法により『感化院』が各府県に設置が義務付けられました。



~補足説明~

<感化法>
1900(明治33)年制定。不良行為をなし、またはなすおそれがある8歳以上16歳未満の少年を感化院に入所させ、教化するための法律。

<救護法>
1929(昭和4)年制定。老衰・疾病・貧困などのために生活できない者を救護する法律。1946年、生活保護法の制定により廃止。

<児童福祉施設最低基準>
1948(昭和23)年制定。児童福祉法に定められた児童福祉施設の設備・運営上の基準。施設の構造設備の一般原則をはじめ、非常時災害対策、職員の一般的要件、衛生管理、健康管理ほか、施設の種類別に最低限守るべき基準が定められている。

<児童自立支援施設>
1997(平成9)年の児童福祉法改正で教護院より改称された。

保育士試験 平成26年(2014年) 社会的養護 問32

次の文は、わが国の社会的養護の歴史に関する記述である。適切な記述を選びなさい。

1.明治期の福田会育児院や岡山孤児院は、仏教やキリスト教の宗教関係者によって開設された。

○ 2.1900(明治33)年の「感化法」の制定により、感化院が制度として規定された。

3.児童に軽業、見せ物、物売りなどをさせることを禁止する「児童虐待防止法」が1933(昭和8)年に制定された。 4.1947(昭和22)年の「児童福祉法」制定時に規定された児童福祉施設は、保育所、養護施設、虚弱児施設、教護院の4種別であった。( )訂正依頼・報告はこちら
×
正解は 1 , 2 , 31.正しい。福田会育児院1879年(明治12)仏教諸宗派合同で貧窮孤児を目的として施設です。岡山孤児院は石井十次 キリスト教信仰に根差した施設を作りました。石井亮一・十次は覚えておくべき人名ではありますが施設名は覚えていても施設の背景などは普通の参考書にはあまり記載がありません。著書や施設の背景など余裕があれば個別に調べてみるのもお勧めします。

2.正しい。明治33年 感化法制定。感化院とは非行少年・少女の保護・感化を目的とした施設です。現在で言う児童自立支援施設です。

3.正しい。説明の通り昭和8年に公布された。一度は廃止されたが平成12年に成立となっています。

4.誤り。4種別ではない。助産施設・乳児院・母子寮・保育所・養護施設・療育施設・精神薄弱児施設・救護院・児童厚生施設の9種別が正しいです。

よって選択肢1.2.3が正解です。

保育士試験 平成25年(2013年) 児童家庭福祉 問43

次の文は、わが国の児童福社の歴史についての記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A わが国で、名称に「福祉」という言葉が含まれる最初の法律は、「児童福祉法」である。
B 岡山孤児院を設立したのは石井十次である。

× C 石井亮一は家庭学校を設立し、現在の児童自立支援施設の原型を創った。

  • 家庭学校を設立し、現在の児童自立支援施設の原型を創ったのは、留岡幸助です。

D 知的障害児を対象とした滝乃川学園は、留岡幸助が開設した。
E 昭和8年に「恤救規則」が制定された。 1.A○  B○  C×  D×  E× 2.A○  B×  C×  D×  E○ 3.A×  B○  C○  D○  E× 4.A×  B○  C○  D×  E○ 5.A×  B×  C○  D○  E○( )訂正依頼・報告はこちら
×
正解は 1A ○
適切な記述です。

B ○
適切な記述です。

D ×
日本で初めての知的障害者福祉施設である滝乃川学園を創設したのは、石井亮一です。

E ×
「恤救規則」が制定されたのは、明治7(1874)年です。
「恤救規則」は明治時代の救貧制度です。

保育士試験 平成24年(2012年) 児童福祉 問23

次の組み合わせのうち、児童福祉の歴史的な「事項」と深く関わりのある「人物」として正しい組み合わせを一つ選びなさい。

× 1.エリザベス救貧法 --- バーナード(Barnard,T.J.)

1の「バーナード」はアイルランドの社会事業家。イギリスで1601年に制定され、福祉の始まりといわれる「エリザベス救貧法」とは関係がありません。

2.二葉幼稚園    --- 池上雪枝

× 3.家庭学校     --- 高瀬真卿

  • 「家庭学校」は留岡幸助により設立されました。「高瀬真卿」は「私立予備感化院」を設立した人物です。

4.私立静修学校   --- 赤沢鍾美 5.博愛社      --- 野口幽香( )訂正依頼・報告はこちら
×
正解は 4

2の「二葉幼稚園」は野口幽香によって設立されました。「池上雪枝」は日本最初の感化院といわれる池上感化院を大阪に開設し、非行少年の保護に尽力した人物です。

4の「私立静修学校」は1890年に新潟で「赤沢鐘美」によって設立されました。ここで行われた託児が、日本初の託児所だといわれています。

5の「博愛社」は、小橋勝之助が設立した児童養護施設です。

保育士試験 平成23年(2011年) 児童福祉 問21

次の文は、明治時代後期においてわが国の児童福祉の進展に貢献した歴史上の人物に関する記述である。(  )にあてはまる人物名として正しいものを一つ選びなさい。

プロテスタントである(  )は、1899(明治32)年、東京市郊外巣鴨に家庭舎方式の私立感化院「家庭学校」を設立した。(  )は北海道空知集治監の教誨師としての体験と自らのアメリカ留学での研究から、犯罪者となる要因がその少年時代にあり、そこに着目して感化教育事業を行わない限り成人の犯罪は少なくならないとして、犯罪を犯した少年に良い環境と教育を与えることによって感化する感化院の設置を主張した。これらの活動が契機となって、1900(明治33)年、感化法が成立した。

1.留岡 幸助

2.徳永 恕 3.倉橋 惣三 4.石井 十次 5.糸賀 一雄( )訂正依頼・報告はこちら
×
正解は 11.留岡 幸助についての記述です。
監獄の教誨師として監獄改良の必要性を実感し、アメリカで感化教育を学びました。明治32(1899)年、非行少年の感化教育施設(現在の児童自立支援施設)として東京の巣鴨に家庭学校を創設。北海道家庭学校も設立しました。

2.徳永 恕 (とくなが ゆき)
貧しい家に育ち、東京府立第二高等学校在学中から国禁の書を読み、キリスト教の洗礼を受けました。二葉幼稚園(のち二葉保育園)保母となり、園の創設者野口幽香から<二葉の大黒柱>と信頼され、不就学児のための小学部を設置、死か堕落の岐路にあえぐ母と子を収容する「母の家」を創設しました。

3.倉橋 惣三
大正6(1917)年、東京女子高等師範学校付属幼稚園の主事となり、形式化したフレーベル主義を批判しました。生活を生活で生活へという誘導保育論を提唱し、子ども主体の保育を目指しました。「幼稚園保育法真諦」などの著書があります。

4.石井 十次
明治時代に活躍した社会福祉事業の先駆者です。明治20(1887)年、22歳のとき岡山孤児院を設立しました。濃尾地震、東北大飢饉の孤児収容に尽力するなど、孤児の救済とその教育に生涯をささげました。

5.糸賀 一雄
昭和21(1946)年、知的障害児や戦災孤児のための施設「近江学園」を設立しました。
この子らに世の光をあててやろうという哀れみではなく、この子らを世の光にという信念のもと、障害児福祉に多大な業績を残しました。

児童自立支援施設の歴史を抑えて頭に刻み込もう!」に14件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。