フレイレの視覚による覚え方 〜ブラジルの偉人〜

フレイレ

パウロ・フレイレはブラジルの教育思想家です。

フレイレは、識字教育をスタートしました。

当時のブラジル北東部の成人識字率は50%で、政府が躍起になって識字キャンペーンをやってもほとんど成果があがりませんでした。

しかし、フレイレの識字サークルに参加したひとたちは、わずか45日間のコースで文字の読み書きを見事にマスターしてしまったとのことです。

写真はイメージ

政府系の教育機関はその成果に驚き、ブラジル政府は、フレイレの方法に基づく識字キャンペーンを繰り広げる程でした。

しかし、軍のクーデターが始まると、フレイレは逮捕され、その後16年間、ボリビア、チリ、ジュネーブなどで長い亡命生活を送ります。

チリに亡命中にフレイレの主著「被抑圧者の教育学」が書かれますが、ブラジルの公用語であるポルトガルでの出版は叶わず、現地では水面下で読まれていました。

被抑圧者の教育学

生徒を金庫、先生を預金者に例え、詰め込みの銀行型貯金を批判しました。教育では「対話」が重視されるべきだとしました。

先に英語版での出版となり、ハーバードなども含め欧米のさまざまな大学で講義を行います。

その後、ブラジルに帰国し、市の教育長として公教育改革に取り組みますが、1997年に急逝します。

ブラジルで、土地をもたない貧農に対すして文字の読み書きを教えました。

過去問

保育士試験 令和元年(2019年)後期 教育原理 問25

次の【Ⅰ群】の記述と、【Ⅱ群】の人物を結び付けた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】

A  『脱学校の社会』(1977年)で、学校制度を通じて「教えられ、学ばされる」ことにより、「自ら学ぶ」など、学習していく動機を持てなくなる様子を「学校化」として批判的に分析した。

B  『被抑圧者の教育学』(1979年)で、学校を通じて子どもに知識が一方的に授けられる様子を「銀行型教育」と批判し、これに代わって教育では「対話」が重視されるべきだとした。

【Ⅱ群】
ア  イリイチ(Illich, I.)
イ  フレイレ(Freire, P.)
ウ  フレネ(Freinet, C.)

1.A:ア  B:イ 2.A:ア  B:ウ 3.A:イ  B:ア 4.A:イ  B:ウ 5.A:ウ  B:イ
正解は 1

フレイレの視覚による覚え方 〜ブラジルの偉人〜」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。