児童養護施設入所児童等調査結果 過去問編

こちらからの続きです。

過去問

保育士試験 令和4年(2022年)後期 子ども家庭福祉 問3

次のうち、「児童養護施設入所児童等調査の概要(平成 30 年2月1日現在)」(厚生労働省)に おける母子生活支援施設入所世帯(母親)の状況に関する記述として、適切なものを一つ選びなさい。

× 1 入所理由は「経済的理由による」が最も多い。

  • 配偶者からの暴力によるが最も多い。

× 2 在所期間は「10 年以上」が最も多い。

  • 一年未満が最も多い。

× 3 母子世帯になった理由は、「未婚の母」が最も多い。

  • 離婚が最も多い。

○ 4 平均所得金額(不明を除く)はおおよそ「166 万円」である。

× 5 母の従業上の地位は、「常用勤労者」が最も多い。

  • 臨時・日雇・パートが最も多い。

保育士試験 令和4年(2022年)後期 子ども家庭福祉 問10

次のうち、「児童養護施設入所児童等調査の概要(平成 30 年2月1日現在)」(2020(令和2) 年1月 厚生労働省)に関する記述として、適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正し い組み合わせを一つ選びなさい。

○ A 0歳で委託された児童の委託先は、里親より乳児院が多い。

× B 児童養護施設に委託された児童の在所平均期間は、10 年を超える。

  • 約5年でふ。

○ C 児童養護施設の「児童の委託(入所)経路」で最も多いのは、「家庭から」である。

○ D 児童養護施設の「委託(入所)時の保護者の状況」では、「両親又は一人親あり」の割合が 90%を超える。

次のうち、「児童養護施設入所児童等調査の概要(平成 30 年2月1日現在)」(2020(令和2) 年1月 厚生労働省)に関する記述として、適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正し い組み合わせを一つ選びなさい。
A 0歳で委託された児童の委託先は、里親より乳児院が多い。 B 児童養護施設に委託された児童の在所平均期間は、10 年を超える。 C 児童養護施設の「児童の委託(入所)経路」で最も多いのは、「家庭から」である。 D 児童養護施設の「委託(入所)時の保護者の状況」では、「両親又は一人親あり」の割合が 90%
を超える。
(組み合わせ) A B C D

保育士試験 令和4年(2022年)前期 社会的養護 問2

次の文のうち、「児童養護施設入所児童等調査の概要(平成 30 年2月1日現在)」(厚生労働省)における、児童養護施設の入所児童の状況に関する記述として、適切なものを一つ選びなさい。

× 1 6歳未満で入所した児童が約8割である。

  • 入所平均年齢は6歳なので5割程度となります。

× 2 児童の平均在所期間は、10 年を超えている。

  • 5年です。

○ 3 児童の入所経路では、「家庭から」が約6割である。

× 4 心身の状況において障害等を有する児童は、約7割である。

  • 約4割

× 5 虐待を受けた経験がある児童のうち、心理的虐待は約6割である。

  • ネグレクトが約6割です。

保育士試験 令和2年(2020年)後期 社会的養護 問13

次の文のうち、「社会的養育の推進に向けてわ」(平成31年1月 厚生労働省)に関する記述として、適切な記述を一つ選びなさい。

× 1.社会的養護の対象となっている児童は、約1万5千人である。

  • 約4万5千人です。

○ 2.児童養護施設は、約600か所ある。

× 3.委託里親数は、1万世帯を超える。

  • 約4千200世帯です。令和2年の調査では約4千400世帯となっています。1万世帯を超えるのは、里親の登録者数です。

× 4.自立援助ホームは、約400か所ある。

  • 約150カ所です。令和2年の調査では約180カ所に増えています。

× 5.地域小規模児童養護施設は、約100か所ある。

  • 約390カ所です。令和2年の調査では約420カ所に増えています。

保育士試験 令和元年(2019年)後期 社会的養護 問15

次の文のうち、「児童養護施設入所児童等調査結果(平成25年2月1日現在)」(厚生労働省)における、児童養護施設入所児童の状況に関する記述として正しい記述の組み合わせを一つ選びなさい。

× A  入所児童のうち、心身の状況について「障害等あり」とされた児童は、全体の約5割であった。

  • 入所児童のうち、心身の状況について「障害等あり」とされた児童は、28.5%です。全体の約3割なので問題文の記述は不適切です。→30年版は約4

× B  入所児童の「被虐待経験あり」は全体の約3割であった。

  • 入所児童の「被虐待経験あり」は59.5%です。全体の約6割なので問題文の記述は不適切です。→30年版は約7割

○ C  入所児童の、入所時の年齢で最も多いのは2歳であった。

○ D  入所児童の、入所時の保護者の状況について「両親又は一人親」とされた児童は、全体の約8割であった

保育士試験 平成31年(2019年)前期 児童家庭福祉 問14

次の【Ⅰ群】の種別と【Ⅱ群】の里親の委託児童数及び児童福祉施設の現員(平成28年10月現在、厚生労働省家庭福祉課調べ)を結びつけた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】

A  里親委託(ファミリーホームを除く)

  • 里親委託(ファミリーホームを除く)された児童の数は(イ)5,190人→最新値は約5,400名

B  乳児院

  • 乳児院の利用者は(ア)2,901人最新値は約 3,000名

C  児童心理治療施設

  • 児童心理治療施設の利用者は(エ)1,399人→最新値は約1,400名

D  児童養護施設

  • 児童養護施設の利用者は(ウ)27,288人→最新値は約27,000名

【Ⅱ群】
ア 2,901人
イ 5,190人
ウ 27,288人
エ 1,399人

保育士試験 平成29年(2017年)後期・地域限定 児童家庭福祉 問18

次の文は、「児童養護施設入所児童等調査結果( 平成25年2月1日現在 )」による、児童自立支援施設に関する記述である。不適切な記述を一つ選びなさい。

○→× 1.全国に58か所設置され、全国で1,600名を超える児童が入所している。 →30年版は60か所1,500名

○ 2.入所児童の入所時の平均年齢は約13歳である。

○ 3.在所期間は平均約1.0年で8割以上が2年未満の利用である。

× 4.入所児童で「障害等あり」のうち、広汎性発達障害のある児童が4割以上を占めている。

  • 入所児童で「障害等あり」のうち、広汎性発達障害のある児童の割合は14.7%となっています。→平成30年は3割

○ 5.入所児童のうち、被虐待経験のある児童が半数以上を占めている。

保育士試験 平成28年(2016年)後期 社会的養護 問18

次のうち、「児童養護施設入所児童等調査結果(平成25年2月1日現在)」(厚生労働省)の各施設(里親)における児童の入所(委託)時の年齢の構成割合が最も高いものとして適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

×→△ A  母子生活支援施設 ―― 約10歳

  • 0歳が最も多いです。母子生活支援施設での入所に占める割合は、年齢が小さいほど多く、10歳の割合は、0歳の30%程度になります。平成30年は調査対象外

○ B  児童自立支援施設 ―― 約13歳

○ C  里親 ―― 約2歳

× D  児童養護施設 ―― 約6歳

  • 2歳が最も多いです。一般的に満2歳になると、乳児院から児童養護施設に措置変更されるためです。次いで多いのは3歳ですが、2歳の約半分です。

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。