城戸幡太郎は出題4回!視覚的に覚えて復習なんて不要!

保育問題研究会

愛媛県出身の心理学者・教育学者。

城戸幡太郎

1936(昭和11)年に保育問題研究会を結成し、その会長に就任しました。

保育問題研究会とは、幼稚園,託児所両者の保姆と心理学,教育学の研究者との共同研究会です。

結成は、戦争が全面的に拡大する 直前のことでした。

研究は当時の学校教育を改革しようとするもので、子どもを社会の主人公に育てようとすることは、民主主義をつくり出そうとする方向性を持っていました。

城戸幡太郎をはじめとする多くの会員たちが、「治安維持法」によって逮捕投獄され、活動を停止せざるを得なくなったのです。

戦後には再建されています。

現場の具体的な問題を科学的に研究 保育問題研究会

著書『幼児教育論』

幼児教育論

「幼稚園や保育所もかかる意味で、もとより学校であるが、それが子どもの生活環境を改造していくための教育的計画であるからには、何よりもまず子どもの自然である利己的生活を、共同的生活へ指導していく任務を負わねばならない。

したがって幼稚園、保育所の保育案は「社会協力」ということを指導原理として作製されなければならないもので、幼稚園と保育所との教育はこの原理によって統一されるのである。」

倉橋惣三の児童中心主義に対し、社会中心主義とも呼ばれます。

城戸幡太郎の教育の考え方は大人が中心という訳ではなく、子どもを社会の主人公に育てるために、大人が指導していくということです。

これと似た言葉の関係に、ピアジェの構成主義とヴィゴツキーの社会構成主義があります。

過去問

保育士試験 令和3年(2021年)後期 教育原理 問25

橋詰良一は、「家なき幼稚園の主張と実際」を著し、「家なき幼稚園」の設立者です。次の【Ⅰ群】の記述と、【Ⅱ群】の人物を結びつけた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】
A  愛知県出身。欧州を数年旅した後、1875(明治8)年に東京女子師範学校の創設とともに英語教師として招かれる。翌年、東京女子師範学校附属幼稚園の開設に伴い初代監事に任じられた。

  • 関信三

B  愛媛県出身の心理学者・教育学者。1936(昭和 11)年に保育問題研究会を結成し、その会長に就任。研究者と保育者の共同による幼児保育の実証的研究を推進した。

  • 城戸幡太郎

C  兵庫県出身。東京女子師範学校卒業後、同校附属幼稚園の保母となる。その後、華族女学校附属幼稚園で保母をしながら、1900(明治33)年に二葉幼稚園を設立した。

  • 野口幽香

【Ⅱ群】
ア  松野クララ
イ  野口幽香
ウ  倉橋惣三
エ  関信三
オ  城戸幡太郎

1.A:ア  B:ウ  C:イ

2.A:ウ  B:エ  C:ア

3.A:ウ  B:エ  C:イ

4.A:エ  B:オ  C:ア

5.A:エ  B:オ  C:イ

正解は 5

保育士試験 令和元年(2019年)後期 保育原理 問5

次の文章は、ある著書の一部である。これを読んで、問いに答えなさい。

「幼稚園や保育所もかかる意味で、もとより学校であるが、それが子どもの生活環境を改造していくための教育的計画であるからには、何よりもまず子どもの自然である利己的生活を、共同的生活へ指導していく任務を負わねばならない。
したがって幼稚園、保育所の保育案は「社会協力」ということを指導原理として作製されなければならないもので、幼稚園と保育所との教育はこの原理によって統一されるのである。」

この文章の著者として、正しいものを一つ選びなさい。

1.倉橋惣三

倉橋惣三(くらはしそうぞう)は、『育ての心』を著しています。
「日本のフレーベル」ともいわれ、「自らうちに育つ力」を大切にし、子どもが自発的に自由で遊ぶ中で「自己充実」を目指す教育方針です。
倉橋惣三はよく出てくるのでおさえておきましょう。

2.城戸幡太郎

城戸幡太郎(きど まんたろう)は、『幼児教育論』の中で、「社会協力」を指導原理として、幼稚園、保育所の教育の統一を図ることを提唱しました。

3.東基吉

東基吉(ひがしもときち)は、日本の最初の体系的保育論の書『幼稚園教育法』を著しました。

4.坂元彦太郎

坂元 彦太郎(さかもと ひこたろう)は、『教育の新構図』や『倉橋惣三・その人と思想 倉橋惣三文庫』などの書籍があります。

5.橋詰良一

橋詰良一は、「家なき幼稚園の主張と実際」を著し、「家なき幼稚園」の設立者です。

正解は 2

保育士試験 平成29年(2017年)後期・地域限定 保育原理 問16

次の【Ⅰ群】の記述と【Ⅱ群】の人名を結びつけた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】
A  1936( 昭和11 )年に「保育問題研究会」を設立し、著書『幼児教育論』において、幼稚園や託児所は「何よりも先ず子供の自然である利己的生活を共同的生活へ指導して行く任務を負わねばならぬ」と述べて、保育案は「社会協力」を指導原理として作成されるべきものであると主張した。

  • 城戸幡太郎

B  1947( 昭和22 )年の「学校教育法」の草案作成に携わった人物で、著書『幼児教育の構造』では、当時の「学校教育法」第77条の「保育」の語句について、「保育を【保護育成】もしくは【保護教育】の省略と解することにして、条文の中に用いることにした」と説明している。

  • 坂元彦太郎

C  1934( 昭和9 )年に出された『幼稚園保育法真諦』において「フレーベルの精神を忘れて、その方法の末のみを伝統化した幼稚園を疑う」と述べて、当時普及していた恩物中心の保育を批判し、子どもの生き生きしさや心もちを大切にする保育を提唱した。

  • 倉橋惣三

【Ⅱ群】
ア  倉橋惣三
イ  坂元彦太郎
ウ  城戸幡太郎
エ  和田実
オ  徳永恕

1.A:ア  B:イ  C:オ

2.A:イ  B:ウ  C:ア

3.A:ウ  B:ア  C:エ

4.A:ウ  B:イ  C:ア

5.A:オ  B:エ  C:ウ

正解は 4

保育士試験 平成23年(2011年) 教育原理 問125

次の文は、倉橋惣三に関する記述である。不適切な記述を一つ選びなさい。

○ 1.東京女子高等師範学校教授となり、附属幼稚園主事として活躍した。

○ 2.幼児の自発性を尊重した保育理論を展開し、「生活を、生活で、生活へ」という有名な言葉を残した。

○ 3.彼の幼児教育の方法は誘導保育と呼ばれる。

× 4.彼は、子どもをおとなが導く必要性を主張し、「社会協力の訓練」を保育の目的、指導原理として明示した。

  • 記述の内容は、城戸幡太郎です。城戸幡太郎も倉橋と同じく昭和初期の教育学者ですが、城戸は社会中心主義で、子どもを大人が導くという考えを重視しました。

5.代表的著作には、『幼稚園雑草』、『育ての心』、『幼稚園真諦』、『子供賛歌』などがある。

正解は 4

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。