発達過程は1歳を基準にして総合的に考える!part1

ここでは、満1歳の時点でどれだけ発達してるかを覚えて、いろいろな科目に応用することを目的としています。 例えば、1歳で0.2の視力があることだけを覚えておいて、3歳では1.0位だろうと推測したり、保育所保育指針へ応用した続きを読む “発達過程は1歳を基準にして総合的に考える!part1”

形式的操作期はピアジェの最終段階?part3

こちらからの続き ピアジェの形式的操作期 おおよそ12歳以降は最終段階である形式的操作期にあたり、記号や数字といった抽象的な事柄についても論理的な思考が可能になり、群生体が発達します。 形式的とは、体験したことがないとい続きを読む “形式的操作期はピアジェの最終段階?part3”

ボルトマンの2次的就巣性は何が言いたいの?

ボルトマンの就巣性とは? 『就巣性』(巣に居座り、親はえさを与えにくる)とは、妊娠期間が短い、多産で生まれる、未熟な状態で生まれ自力で動いたり食べたりできない性質のことをいいます。 ボルトマンの離巣性とは? 『離巣性』(続きを読む “ボルトマンの2次的就巣性は何が言いたいの?”

発達過程は1歳を基準にして総合的に考える!part2

コチラこらの続きです! 過去問 保育士試験 令和3年(2021年)後期 保育の心理学 問79 次のうち、言語発達に関する記述として、適切なものを○、不適切なものを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。 ○ D 続きを読む “発達過程は1歳を基準にして総合的に考える!part2”

ラングラン・ハッチンスが日本の教育基本法を変えた?

ラングラン ラングランは2度の大戦を経験し、社会を改革する手段を政治よりも教育として考えていました。 後にユネスコに加わり、ユネスコの成人教育推進国際委員会において、「生涯にわたって統合された教育」を提唱しました。 今日続きを読む “ラングラン・ハッチンスが日本の教育基本法を変えた?”

第三者評価・自己評価は保育所事例でモヤモヤをスッキリさせる!

第三者評価、特に自己評価って馴染みがなく、なんとなくモヤモヤしているものです。 ここでは保育士試験ですので保育所の具体例を元に意味を理解し、他へ応用すると効率的と考えましたので記事にしてみました。 保育所・保育士の自己評続きを読む “第三者評価・自己評価は保育所事例でモヤモヤをスッキリさせる!”

DSM-5とかICD-10って一体なに?

文化省が行った調査によると、特別な支援を必要とする児童は、約6.5パーセントいるそうです。 周囲が気付かない、親が迷っているなどの理由で、適切でない環境で過ごしているかもしれません。 子どもが生活する上で何らかの困難や問続きを読む “DSM-5とかICD-10って一体なに?”

コンサルテーションとは一体なに?事例で簡単に理解する!

コンサルテーションとは 異なる専門性をもつ複数の専門職者が、特定の問題について検討し、よりよい援助のあり方について話し合う過程をいいます。 専門的な助言や知識を必要とするときに、専門家から助言を受けることです。 スーパー続きを読む “コンサルテーションとは一体なに?事例で簡単に理解する!”

アセスメント事例!調査するだけじゃない!

環境アセスメントは聞いたことがあり、アセスメントは調査することだけだと思っていましたが、分析・事前評価まで含みます。 アセスメントとは? 利用者に関する情報を収集し、問題となっていることがらを解決するために分析して事前評続きを読む “アセスメント事例!調査するだけじゃない!”

就業継続、育児休業取得〜保育士試験用抜粋で即時に記憶〜

この資料は2022令和4年後期試験に対応しています。 出生動向基本調査・雇用均等基本調査 〜保育士試験用〜 夫婦が理想の子ども数を持たない理由 夫婦の予定子ども数が理想子ども数を下回る理由としてもっとも多いのは、いぜんと続きを読む “就業継続、育児休業取得〜保育士試験用抜粋で即時に記憶〜”